ルール オブ ウォーターハザード

 ウォーターハザード と ラテラルウォーターハザード
 ウォーターハザードとは、海や湖、池、川、溝、排水路などの開きょ、その他これと同様のものをいいます。(水の有無は問わない)
ウォーターハザード内の地面や水は、すべてそのウォーターハザードの一部となり、ウォーターハザードの限界は垂直に上下に及びます。また、球がウォーターハザード内にあるか、一部でもウォーターハザードに触れている時は、その球はウォーターハザード内にある球となります。
ラテラルウォーターハザードとは、規則(下記で説明)に従ってそのウォーターハザードの後方に球をドロップすることが(イ)地形的にみて不可能な位置にあるか(ロ)委員会が無理と判定した位置にあるウォーターハザードやその一部をいいます。また、球がウォーターハザード内にあるか一部でもウォーターハザードに触れている時は、その球はウォーターハザード内にある球となります。『ラテラル』という言葉を訳せば『平行』という意味になります。
ラテラルウォーターハザードは、そのホールに対し平行に川のように連なっているもの多くみられます。ではウォーターハザード、ラテラルウォーターハザードに、ボールが入った時はどのように処置すればよいかそれぞれ説明していきます。

 ウォーターハザード
ティショットで打ったボールがウォーターハザードに入ったとしますこの時の処置は2つあります。

@ 1罰打付加した上、元の場所から打ち直す。
ティショットの場合は、ティアップして打ち直すことができ、打ち直しは3打目となります。
A 1罰打付加した上、ウォーターハザードの区域を最後に横切った地点と、ピンとを結んだ後方線上(コース内でハザードの後方であれば距離に制限はない)にドロップする。

  無罰で水の中からそのまま打つ処置もあります。(その際クラブを水にソールしてはいけない)

 ラテラル・ウォーターハザード
ティショットで打ったボールが、川(ラテラル・ウォーターハザード)に入ったとします。この時の処置は4つあります。

@ 1罰打付加した上、元の場所(ティインググラウンド)から打ち直す。ティショットの場合は、ティアップして打ち直すことができ、打ち直しは3打目となります。
A 1罰打付加した上、ウォーターハザードの区域を最後に横切った地点と、ピンとを結んだ後方線上(コース内でハザードの後方であれば距離に制限はない)にドロップする。
B 1罰打付加した上、ウォーターハザードの区域を最後に横切った地点からピンに近づかない所、2クラブレングス以内にドロップする。
C 1罰打付加した上、ウォーターハザードの区域を最後に横切った地点からピンとを結んだ等距離の対岸、2クラブレングス以内にドロップする。

無罰で水の中からそのまま打つ処置もあります。(その際クラブを水にソールしてはいけない)

 ルール 編
 ティショットにおいて、打ったボールがウォーターハザードの方へ飛んでいき、池に入ったかもしれないと思って暫定球を打った。この暫定球は認められるか?
 ウォーターハザードに対する暫定球は認められていません。
また、ウォーターハザード内に入ったという合理的な立証がない限り、ウォーターハザードの救済の処置も取る事ができません。この場合、打ち込んだ場所にボールが無ければ紛失球ということになります。
 池越えのホールにおいて、打ったボールが一度は池の中に入ったが飛び跳ねて池の向こう側の土手に当たった。この時、池(ラテラルウォーターハザード)の限界は越えていた、傾斜があったのでまた池の中に転がりこんでしまった。この場合、どのように処置すればよいか?
 打ち直す以外の処置を取るにはまず最後に池を横切った地点を確かめないといけません。
この場合最後に横切った地点は、土手側になります。その地点をXとします。Xからピンを結んだ後方延長線上(距離に制限無し)Xからピンに近づかない2クラブレングス以内、Xとピントを結んだ等距離にある対岸の2クラブレングス以内に、1罰打を加えた上で、ドロップしてプレーすることができます。
 ウォーターハザードに入ってしまったボールを、ラテラルウォーターハザードと勘違いしてしまい最後に池を横切った地点の2クラブレングス以内にボールをドロップしてストロークした。この場合ペナルティはつくのか?
 誤った場所へドロップしてストロークを行ったことにより『誤所からのプレー』の罰、2罰打が課せられます。
またこの場合は、重大な違反を犯したこととみなされ正しい処置をした所から再プレーしなければなりません。(誤所からのストローク数は含みません)もし次のティインググラウンドでストロークをする前(最終ホールならばグリーンを離れる前)に誤りを訂正しなかった場合は、競技失格となります。